初めて一人暮らしをする人、大学進学が決まった人、新社会人、転勤で単身赴任で引っ越しする場合のオススメ格安引越し方法

このサイトをご覧になっている方は、おそらく単身なので、簡単に安く引越しできる方法を探されているんだと思います。

 

そこで、単身の方に向けたおすすめ引越し方法をお伝えします。

引越し料金の相場を知る

 

引越し業者は荷物の量、人件費、距離、日程、トラックにより料金が決定します。

 

まずは、相場やどんなサービスがあるのかを知るためにより多くの見積もりを取ります。

 

一社ずつ電話していては効率が悪いので、最近増えている引越し一括見積もりサービスのサイトを利用するといいでしょう。

 

 

複数の引越し業者に訪問見積もりを依頼する

 

一括見積サービスから返答のあった業者の中から、よさそうな業者を数社選んで、訪問見積もりを依頼します。

 

訪問見積もりとは、実際に運ぶ荷物の確認や引越し先や日程など最終見積もりを出していただくために来てもらわなくてはなりません。

 

これも料金は無料ですし、引越しのプロに引越し方法を相談するような感じでいいでしょう。

 

 

 

各社の引越し見積もりを比較検討

 

数社見てもらって、話をしているとなんとなく相場観というものがわかってきます。

 

安心サービスやアフターフォロー、営業マンの人柄など価格だけではない部分も大切です。

 

「値引き交渉は苦手なんだよな。」っていう人も大丈夫。

 

相見積もりを取ることによって、引っ越し料金の最安値、底値は勝手に向こうから提示してくれます。

 

 

 

引越し業者以外の方法

 

引越し業者や荷物の量、運ぶ距離によってはレンタカーで自力引越し、赤帽なんかのほうが引越し料金が安くなる可能性が十分考えられます。

 

最近は「単身パック」といって宅配業者が用意する単身向けのコンテナボックスを利用してそこに積めるだけの荷物を運ぶサービスもあります。

 

とにかく安くという人にはおすすめしますが、結局余計に手間やお金がかかるということもあります。

 

友人に手伝ってもらったりすると謝礼が発生したり、レンタカーの手配や返却、梱包材の準備、破損リスクなど・・・・。

 

費用・手間・労力・トラブルなどの要因から判断すると、引越し業者に依頼する事こそ単身引越しのベストな選択ではないでしょうか。